東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

記念撮影しながら柏を巡る スマホでARスタンプラリー

フレームの一つを使い、ゆるキャラ「テガちゃん」のぬいぐるみを撮影した写真を披露する楠本慶彦代表

写真

 ご当地アニメの制作などを通じ、柏市の地域活性化に取り組んでいる市民団体「できる街プロジェクト」は、スマートフォン(スマホ)の撮影機能を用いて、市内回遊を誘う「AR(拡張現実)スタンプラリー」を開催中だ。柏ゆかりのアイドルやミュージシャン、アニメの登場人物と一緒に写真に納まりながら、柏散策を楽しんでもらいたいという。

 スタンプラリーへ参加するためには、スマホ専用のARアプリ「COCOAR2」を使う。このアプリを起動させたスマホを市内3カ所に置いてあるチラシのマーカーにかざすと、フォトフレーム(写真枠)を入手できる。

 フォトフレームには、柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」の登場人物や、柏市と縁の深いミュージシャン、アイドルがあしらってある。彼らと自分が、あたかも一緒にいるような記念撮影ができるというわけだ。

 チラシが置いてあるのは、柏駅前のかしわインフォメーションセンター、旧吉田家住宅歴史公園、手賀沼に面した道の駅しょうなんの3カ所。1カ所につき、3種類のフレームが入手できる。9種類すべてのフレームをスマホに取り込むと、柏を拠点に活動しているアイドルユニット「コズミック☆倶楽部」の画像が贈られる。

 フレームを使って撮影した写真に「#柏市AR特産品」か「#柏市ARアニメ出演」のタグを付け、ツイッターに投稿すると、抽選でレトルトカレーや菓子などの特産品が当たったり、カシワ伝説にゲスト声優として出演できたりの特典がある。

 スタンプラリーは10月22日まで。問い合わせはプロジェクトの楠本慶彦代表=電090(5476)4356=へ。 (堀場達)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報