東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

食物アレルギー児対応を紙芝居に 災害時に備え佐倉のNPOが製作

「食物アレルギーへの理解を深めるきっかけに」と紙芝居の利用を呼び掛ける桐谷利恵副理事長=佐倉市内で

写真

 災害時に備え、食物アレルギーの子どもへの支援や周囲の理解を広げようと、NPO法人千葉アレルギーネットワーク(佐倉市)が、対応策などをまとめた紙芝居「アレルギーっ子のための“もしも”のときどうする?」を製作した。NPOのホームページ(HP)に掲載し、小学校や幼稚園、保育園の関係者らに利用を呼び掛けている。 (太田理英子)

 紙芝居の主人公は、卵と小麦のアレルギーがある小学一年生の女児。自宅で留守番中、大地震に遭って近所の人と小学校へ避難するが、夕食に小麦粉を使ったカンパンが配給されて戸惑ってしまう。ある男性からは「わがまま言わない!」とたしなめられるが、事情を知る女性がおにぎりを渡して助けてくれるストーリーだ。

 子どもが自分のアレルギーを周囲に伝えやすいよう、アレルギーの内容を記したカードやリストバンドの作成といった対策や、避難所生活での注意点も紹介している。

 食物アレルギーは卵や乳製品、小麦、甲殻類などの原因物質を口にしたり触れたりすることで、かゆみやせき、嘔吐(おうと)などを引き起こす。NPOによると、東日本大震災の被災地ではアレルギーを周囲に言い出せなかったり、代わりの食べ物の入手に困ったりする避難者が多かったという。

 NPOは昭和女子大(東京都)の学生が手掛けた作品を原案に、紙芝居を製作。キリン福祉財団(同)の助成を受け、四十部を完成させた。

 紙芝居のほとんどは既に、要望のあった県内の小学校や保育園、七月の西日本豪雨の被災地にある団体などに無料で配布。NPOのHPでも掲載し、誰でもダウンロードできるようにしている。

 桐谷利恵副理事長は「紙芝居だと子どもたちに親しんでもらえる。日頃から防災に備え、食物アレルギーへの理解を深めてもらうきっかけにしてほしい」と期待している。問い合わせは、NPO法人千葉アレルギーネットワーク=電070(5019)3998=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報