東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

八街市長選 北村さん無投票3選

3選を決め、花束を贈られた北村新司さん(右)=八街市で

写真

 任期満了に伴う八街市長選は十一日告示され、無所属現職の北村新司さん(70)=自民、公明推薦、国民支持=だけが立候補を届け出て、前回に続き無投票で三選を決めた。

 市内で開かれた選挙報告会で、北村さんは「重い責任を感じている。地域活性化、人口減少、教育問題、道路整備など課題があるが、市民の意見を聞いて丁寧なまちづくりを重ねたい」と抱負を語った。

 二〇一〇年の市長就任以来、国道409号の改良や八街バイパスの一部供用、JR榎戸駅舎の橋上化事業などの基盤整備を前進させる一方、自身の農業経験を背景に特産の落花生などのPRにも努めた。

 こうした実績が評価され、市議の大半が支持したほか、農業、商工業、建設業、福祉、高齢者など五十団体が支援に回り、三度目の市長選に向けて盤石の態勢を整えた。

 北村さんは取材に対し、「道路問題は市民の要望が最も大きい」と強調し、今後も道路整備に注力する方針を表明。一方で、「子育て支援が十分でない思いがある」とも述べ、なるべく早い時期に子どもの医療費助成を高校生まで拡大する意向を示した。

 同時に告示された市議補選(被選挙数一)は、無所属新人の男性二人が立候補を届け出たが、一人が同日中に辞退したため無投票となった。 

  (小沢伸介)

北村新司(きたむらしんじ) 70 無現<3>

  市長(元)市議長▽千葉大園芸学部別科 =自国公

◇八街市議補選 当選者(被選挙数1)

小川喜敬 54 無新

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報