東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

オスプレイ、試験飛行を見送り 整備遅れ原因、2年連続

 木更津市は十二日、陸上自衛隊木更津駐屯地(同市)で定期整備中の米軍輸送機オスプレイの試験飛行が、見送られる見込みになったと発表した。整備の遅れが原因で、見送りは二年連続。

 市によると、防衛省北関東防衛局(さいたま市)から「プロペラの周辺部位に追加作業が発生し、その作業が年内に終わらない」と説明があった。

 木更津市や同局によると、木更津駐屯地では二〇一七年二月から、約七カ月の見込みで整備を始めた。だが、整備要員の技術の習熟や部品調達に時間がかかり、同年の試験飛行を延期した。

 今年は機体の塗り直しを終え、各種装置の点検や地上滑走、ホバリングを経て、試験飛行する予定だった。作業の遅れで地上滑走などもしていないとみられる。

 木更津駐屯地は米軍オスプレイの定期整備拠点で、今年六月に二機目の整備対象機が到着。SUBARU(スバル)が作業を受注しており、一機当たり三〜四カ月で整備し、試験飛行する計画だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報