東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 統一地方選2015 > 栃木 > 記事

ここから本文

県議選 女性6人当選 倍増 旧みんなに代わり民主第2会派へ

選挙戦の勝因などを語る野村氏(左)と共産党県委員会の小林委員長=宇都宮市で

写真

 十二日に投開票された県議選は五十議席の当選者が全て確定し、女性は現有議席の倍で史上最多となる六人が当選した。議席数を伸ばした民主は、旧みんなの勢力に代わり、県議会第二会派になる見通し。最大会派の自民は現有議席と同数を維持した。

 十七人が争った宇都宮市・上三川町選挙区(定数一三)では、四年ぶりに返り咲いた共産元職の野村節子氏が他党候補らを抑えてトップ当選。一夜明けた十三日、共産党県委員会の小林年治委員長と宇都宮市内で会見した野村氏は「安倍政権の暴走を食い止めてほしいという共感や、オール与党の県議会では駄目との意見が幅広い年代から寄せられた」と自己分析した。

 福田富一知事は十三日、県議選の結果を受けて県庁で記者団の取材に応じ、さくら市・塩谷郡選挙区(定数二)で「指定廃棄物」の最終処分場計画の撤回を訴えた民主新人の船山幸雄氏が当選したことについて、「塩谷町に住所のある議員が登場し、地域の思いが議会で発せられる機会が増えると思う」と語った。

 投票率は、過去最低をさらに下回る44・14%。福田知事は「(県民から)県政が遠い存在になっていることが、結果的に棄権と結び付いていると思う」と指摘。県内でも、統一地方選の後半戦となる市町議選などが控えており、有権者に参加を呼び掛けた。

 当選者の内訳は現職四十人、元職三人、新人七人。公認の党派別では、自民二十八人、民主六人、公明三人、共産一人、無所属十二人という構成になった。今後は、県議会の新たな会派構成などをめぐって政党間の駆け引きが活発化しそうだ。

 当選者の最年長は、ともに自民現職の平池秀光氏と板橋一好氏の七十四歳。最年少は無所属現職の渡辺幸子氏の三十二歳。当選回数別では、二回の十六人が最多だった。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する