東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 統一地方選2015 > 東京 > 記事

ここから本文
写真
 

国立市長選に神田氏出馬表明

 二十六日投開票の国立市長選に、元広告代理店社員の神田恭介氏(57)=千葉県浦安市=が五日、無所属で立候補すると表明した。現時点で政党の推薦はない。

 神田氏は一九九三年〜二〇一二年に国立市に住み、戦争反対を訴える展示をするなど、平和運動に携わった。会見で「国立高校の出身者でもあり、国立で何かできないかと考えてきた」と出馬理由を説明。「市政に関心がない市民の意見まで聞けるようなシステムをつくり、市民主役の国立市にしたい」と意気込んだ。近く住所を国立市に移して選挙戦に臨むという。

 同市長選には、佐藤一夫市長がすでに立候補を表明している。 (林朋実)

 

この記事を印刷する