東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム

ここから本文

【社説・コラム】

 ポーランドのカトウィツェで開かれたCOP24は、パリ協定の実施ルールを採択し、温室効果ガス削減レースの舞台は、整った。しかしまだ、スタートラインが見えただけ。ここからが本番だ。 パリ協定。二〇二〇年から実施される温暖化対策の新たな国際ルール。(12月18日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 台湾統一地方選で蔡英文総統が率いた与党民進党が大敗し、中国が統一攻勢を強めている。台湾海峡の安定を守るには、民進党が中国の挑発に乗らず、穏健な対中政策を堅持することが重要である。 民進党の惨敗であった。(12月18日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 「鬼平犯科帳」などの作家、池波正太郎さんは年が明けると年賀状の干支(えと)の絵を描いた。ずいぶんとのんびりした話に聞こえるか。勘違いしては困る。描いているのは来年の年賀状の下絵である▼毎年、数千枚の年賀状を出していたそうだが、この枚数では年末になってからで…(12月18日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 「忘れられない中国滞在エピソード」というテーマの作文コンクール表彰式が、中国大使館で行われた。その中に「想包餃子」(ぎょうざを作りたい)と書いた紙を手にした大学生がいた。三本美和(みつもとみわ)さん(22)だった。(12月17日 紙面から) [→記事全文へ]