東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム

ここから本文

【社説・コラム】

 天皇陛下の退位問題は有識者会議が中間報告といえる論点整理を公表し、国会でも衆参両議長のもとでの与野党協議が開始された。皇位は国民の総意に基づく。議論を一段と深めたい。(1月24日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 国会という言論の府で一党の党首が他党を批判するのは当然だろう。しかし、安倍晋三自民党総裁の場合、度が過ぎはしないか。安倍氏は同時に行政府の長だ。野党批判にもおのずから限度がある。 きのう衆院で始まった各党代表質問。(1月24日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 【勢】という漢字は両手で苗木を土に植え込む形に由来し、元来の意味は「深く耕して植え込むことによって、木が生長の『勢い』を得ること」(白川静「字解」)だという▼【勢】の字を四股(しこ)名に持った、その人のここまでの成長の勢いは実に不思議な種類の勢いである。(1月24日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 ダボス会議、正式には世界経済フォーラムの年次総会が先週、開かれた。世界の政治指導者や大企業の幹部、著名な学者ら三千人が一堂に会する、いわばエリート層による会議である。しかし、今年は雰囲気がいつもと違った。(1月23日 紙面から) [→記事全文へ]