東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム

ここから本文

【社説・コラム】

 中国と台湾の関係にさざ波が立っている。中国は軍事、外交両面で圧力を強め、台湾は米国との関係緊密化でけん制する。「力比べ」は中台の溝を広げるだけで、未来への展望は開けぬだろう。(6月25日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 赤字経営となった企業は救わないが、働く人は守る。 スウェーデンでの雇用をひと言でいうとこうなる。 経営難に陥った企業は残念ながら退場してもらう。しかし、失業者は職業訓練を受けて技能を向上し再就職する。積極的労働市場政策と言うそうだ。(6月25日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 米大リーグの長い歴史の中には信じられない退場劇がある。一九八六年六月、サンディエゴ・パドレスのスティーブ・ボロス監督は試合開始前に退場させられた▼きっかけは前日の試合でパドレスの三塁走者が本塁ベースに触れているのに審判は得点を認めず、アウトを宣告。(6月25日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 記録文書が改ざんされ、隠蔽(いんぺい)されていた安倍政権の「森友」「加計」問題。類することは昔もあった。 徳川家康にとって、浜松市の「三方ケ原の戦い」は大きな屈辱だった。(6月25日 紙面から) [→記事全文へ]