東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム

ここから本文

【社説・コラム】

 相模原市の障害者殺傷事件から一カ月余。大切な人生を奪われたのは誰なのか。いまだに社会は知ることができない。事件を深く記憶に刻み、教訓を学び続けるためにも、生きた証しを共有したい。♪僕らはちゃんと生きてきたよ ちゃんと夢だって見ていたよ(8月27日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 原発推進の現職を破り、先月鹿児島県知事に初当選した三反園訓(みたぞのさとし)氏が、公約通り川内原発の一時停止を九州電力に要請した。住民の安全本位をこのまま貫徹できるかどうか。日本中が注視している。 「県民の不安は高まっている」と、三反園知事は言う。(8月27日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 福島県の浜通りに住む詩人みうらひろこさん(74)の詩集『渚(なぎさ)の午後』に、「省略させてはならない」という詩がある▼みうらさん一家は五年前の原発事故で、浪江町の自宅から離れることを強いられた。(8月27日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 リオデジャネイロ五輪、大リーグでのイチローの記録達成、高校野球に、終盤を迎えたプロ野球など、スポーツ一色の夏だった。 日本人選手が、地元校が、ひいきのチームが活躍してくれれば、もちろんうれしい。しかし、負けても感動することはある。(8月24日 紙面から) [→記事全文へ]