東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム

ここから本文

【社説・コラム】

 安倍晋三首相が所信表明演説で憲法改正原案の提示に向けた議論が深まることに期待感を示した。しかし、そもそも改正は喫緊の課題なのか。その前に、政権が取り組むべき課題は山積している。 臨時国会がきのう召集された。会期は十一月三十日までの六十六日間。(9月27日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 二〇二六年のアジア大会が愛知県と名古屋市の共催で開かれることになった。大きな波及効果も見込んで開く一万人規模の競技会だが、右肩上がりの時代とはひと味違うスリムな大会を目指したい。 国内での開催は一九五八年の東京、九四年の広島以来、三十二年ぶり三回目となる。(9月27日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 アーノルド・パーマーさん。お願いがある。米ツアー六十二勝の「キング・オブ・ゴルフ」に恐縮だが、優しいあなたなら引き受けてくれるだろう▼あなたの乗る列車に若い男が乗っているはずなのだ。名前はホセ・フェルナンデス。(9月27日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 「名古屋の杉山さんの容体が悪い」。ドキュメンタリーの映画監督である林雅行さんからメールが来たのは八月二十三日だった。 杉山千佐子さんは太平洋戦争で負傷した民間人への補償を求める活動をずっと続けた人である。一九四五年の名古屋空襲。(9月26日 紙面から) [→記事全文へ]