東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
世界遺産・ポンペイ展開催中

トップ > 社説・コラム

ここから本文

【社説・コラム】

 パリ協定。地球の未来をかけた温暖化対策の新たな国際ルール。それはまだほぼ空っぽの大きな器だが、中身を詰める作業がドイツで始まった。伊勢志摩サミットで、強い追い風を吹かせたい。 四月二十二日、アースデイ(地球の日)。米ニューヨークの国連本部。(5月25日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 台湾で三度目の政権交代が実現し、初の女性総統が誕生した。中国は民主が根付いた台湾に対し過度な統一攻勢をかけることなく、東アジアの安定のためにも対話継続の知恵を深めてほしい。(5月25日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 『熱海殺人事件』や『蒲田行進曲』の劇作家、演出家のつかこうへいさん。ペンネームをめぐってこんな伝説があった▼その名をつぶやき続けてみる。つかこうへいつかこうへい…。「こうへい」の「い」の音が「つか」の「つ」に重なり、いつの間にやら聞こえてくるメッセージがあ…(5月25日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 夏の参院選では野党四党が三十二すべての改選一人区で選挙協力し、候補者を一本化するという。事実上の一騎打ちとなる自民党には脅威だろう。自民、公明の与党が野党の選挙協力を批判していると聞き及び、一九九四年九月に取材した社会党大会を思い出した。(5月25日 紙面から) [→記事全文へ]