東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム > 筆洗 > 記事

ここから本文

【コラム】

筆洗

 英語の辞典でtrump(トランプ)と引けば、「切り札、奥の手、最後の手段」とあり、「切り札で勝つ、出し抜く」などの意味も並ぶ。trump upという言葉もあって、こちらは「人を陥れるために、偽の事実などをでっち上げる」との意味だ▼昨年の米大統領選に、ロシアが介入していたのではないか。サイバー攻撃でクリントン氏に不利な情報を流出させていたのではないか。そして、この動きにトランプ陣営も関与していたのではないか▼「そんな疑惑はでっち上げ」と言い続けてきたトランプ政権の面々だが、事はtrumpの切り合いの様相となってきた。大統領が、疑惑の解明を目指していた米連邦捜査局の長官を電撃解任する「切り札」を出せば、司法省は特別検察官の任命という「奥の手」で応じる。息詰まる神経戦だ▼昨年の大統領選は、一九六八年の選挙に似ていたと指摘される。社会に閉塞(へいそく)感が満ち、憎悪を煽(あお)る候補が躍進し、社会は激しく分断された▼「米国が抱えるいかなる問題も、正しい選挙によって癒やされるはずです」と訴えたニクソン氏が勝ったが、やがて疑惑にまみれ、特別検察官の解任という「奥の手」が、辞任への流れをつくる悪手となった▼昨年の大統領選は、「正しい選挙」だったのか。疑惑の真相はどうなのか。癒やされようもないほど政治不信を膨らませつつ、トランプ劇場は続く。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報