東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム

ここから本文

【社説・コラム】

 日米原子力協定が自動延長された。ただし今後は双方の通告だけで破棄可能。日本に例外的に許されてきた、核燃料を再処理しプルトニウムを「平和利用」できる特権は、瀬戸際に追い詰められた。(7月20日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 国の重要文化財「日本橋」の景観を維持するための首都高地下化計画で、民間と行政の費用分担額が決まった。だが巨額の事業費や交通動態の変容を考えれば、むしろ撤去も選択肢の一つとしたい。(7月20日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 これは度を超えている。心の中でそう繰り返してしまう。連日の暑さである。頭の上からあぶられ、照り返しにやられ、ビルの影に身を寄せても、熱い風があおってくる。一瞬、逃げ場を見失う。(7月20日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 猛暑の三連休に、たまたま録画してあった米国映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を見た。 戦後の日本経済が破竹の勢いで成長し、日米貿易摩擦が激しかった一九八五年。(7月18日 紙面から) [→記事全文へ]