東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 文化

ここから本文

【文化】

写真

 四月一日で、国鉄の分割民営化から三十年。国鉄は「JR」を冠した七つの民間会社に分かれた。新幹線網の整備やリニア中央新幹線の着工など夢が広がる一方で「ローカル線が切り捨てられた」「細かく分けすぎて格差が広がった」との批判も。線路は続くか−。(3月18日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

コラージュ・金子亜也乃

 
写真

 歌人、作家の加藤千恵さんによる連載小説「東京23話」が、ウェブサイト「東京新聞ほっとweb」で1日、スタートした。 加藤さんは北海道旭川市生まれ。高校時代に短歌の創作を始め、二〇〇一年に歌集『ハッピーアイスクリーム』を刊行。(3月1日 紙面から) [→記事全文へ]

 
写真

 美術館には普段は関係者以外立ち入れないバックヤードがある。秘密の扉から通された応接室で待っていると、部屋の前を右に左に小走りする人が…。館長の逢坂(おおさか)恵理子さん(66)だった。(3月18日 紙面から) [→記事全文へ]

 
写真

 女が前に出ると、男が一歩退く。また一歩出ると、一歩退く。二〇〇九年六月二十日、埼玉県川口市に投稿歌人らが集う「短歌サミット2009」の会場で、男女が奇妙な光景を繰り広げていた。(11月30日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

第1歌集『羽虫群』が高く評価された虫武一俊(左)。監修者の石川美南(右)との打ち合わせに選んだのは「デートスポット」の水族館だった。背景はそのときに石川が撮影したミズクラゲ

 

 『中央公論』3月号で「2017新書大賞」が発表された。ベストセラーとなった橘玲『言ってはいけない』が一位だったが、注目したいのは、二位と四位だ。 二位は吉川洋『人口と日本経済』(中公新書)。(2月23日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 滝口悠生(ゆうしょう)の書き下ろし長編「高架線」(『群像』3月号)が、とてもこの作家らしい飄々(ひょうひょう)とした佇(たたず)まいの好作だった。西武池袋線の東長崎駅から歩いて五分ほどの場所にかつて存在した「かたばみ荘」の住人たち、およびその周りの人物たち…(2月28日 紙面から) [→記事全文へ]

 

PR情報