東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 文化 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【ニュース】

新国立説明会、非公開に 建築家ら「密室」辞退相次ぐ

2020年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場のイメージ=日本スポーツ振興センター提供

写真

 二〇二〇年東京五輪の主会場となる国立競技場の建て替え問題で、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が「批判に対応する」として開く説明会の対象を建築団体などに限定し、非公開にする方針であることが分かった。開催は七日の予定だが、参加要請を受けた建築家から「密室での議論は受け入れられない」と反発する声が上がっている。 (森本智之)

 JSCは今の競技場を近く取り壊して、新しい競技場を建てる方針だが、計画案は「巨大すぎて明治神宮外苑の景観を壊す上、膨大な費用がかかる」として、建築家らから見直しを求める意見が相次いでいる。このため、基本設計案を承認した五月のJSC有識者会議で、委員で建築家の安藤忠雄さんが「意見を受け止めてしっかり説明していく必要がある」と発言。JSCの河野一郎理事長は、説明会の開催を明言した。

 建築関係者によると、JSC側から日本建築家協会に申し入れがあり、建築関係の五団体の代表者のほか、計画に異議を唱える槇(まき)文彦さん、大野秀敏さん、伊東豊雄さん、松隈洋さんら数人が参加要請を受けた。

 しかし、槇さんと松隈さんは取材に対し、参加を辞退することを明らかにした。槇さんは「少なくとも市民やマスコミに公開されなければ参加はできない。これでは説明責任を果たすことにならない」と話す。松隈さんも「社会的に重要な問題を狭い範囲の人間だけで非公開で議論すれば、社会からの不信感を高める」と異議を唱える。ほかの建築家からも開催方法に反発する声が出ているという。

 一方、日本建築家協会の筒井信也専務理事は「話し合いを始めなければ何も変わらない。七日の説明会には参加し、今後の公開での開催などを求めたい」と語った。JSC新国立競技場設置本部の高崎義孝運営調整課長は「きたんのない意見交換のために非公開で行うことにした」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報