東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 文化 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【ニュース】

新国立競技場基本設計案 非公開で初の説明会 JSC「根本は変えず」

 二〇二〇年東京五輪の主会場として計画されている新国立競技場の基本設計案について、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は七日、日本建築家協会など建築五団体を対象にした初の対外的な説明会を都内で開いた。

 槇(まき)文彦さんら計画に反対してきた建築家は、会議が非公開であることなどに反発して出席要請を断った。

 説明会は約二時間。JSC側は河野一郎理事長や、有識者会議委員の建築家安藤忠雄さん、デザインを手掛けたザハ・ハディドさんの建築事務所の担当者ジム・ヘベリンさんらが出席した。

 終了後、取材に応じた河野理事長は「これまでもわれわれがコミュニケーションを取ってこなかったとは思わないが、専門家の建築家(同士)が話し合う機会があっても良い。今後もコミュニケーションは取っていきたい」と述べた。景観やコストなどをめぐる批判については「理解を賜れるよう努力するが、百人が百人賛成することは難しい。計画の根本的なところは変えられないと思う」と話し、現競技場の解体は予定通り今夏にも着手するとした。

 一方、建築界以外からも寄せられている批判については「なるべく情報をオープンにしたい」と述べるにとどめた。

 日本建築家協会の芦原太郎会長は「これで景観やコストなど多くの問題が解消したわけではない。次の話し合いのステップで具体的に詰めたい。議論をオープンにすることは引き続き求めていくし、参加を辞退した建築家の皆さんにも引き続き呼び掛ける」とした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報