東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 文化 > 土曜訪問一覧 > 記事

ここから本文

【土曜訪問】

教会の敷居下げたい サブカル意識 大胆に紙面刷新 松谷信司さん(キリスト新聞社長)

写真

 キリスト教のニュースを報じる「キリスト新聞」の紙面が、七月に大きく変貌した。サイズを従来の半分のタブロイド判に縮小し、題字を縦書きの「キリスト新聞」から横書きの「Kirishin」に変更。写真やイラストを目立たせ、おしゃれな情報誌といった印象に刷新した。

 発行する「キリスト新聞社」は、キリスト教関係の会社や団体が入居する東京都新宿区のレトロな四階建てビルにある。最上階の事務所に、五月の社長就任から間もない松谷信司(まつたにしんじ)さん(40)を訪ねると「既存の読者を意識しているだけじゃ、たぶん滅び行く業界だと思って」と危機感をあらわにした。背景には、信徒人口が国内全体の1%に満たないうえ、高齢化が進む日本キリスト教界の現状がある。「新聞を取らない若い世代に、どうやったら読んでもらえるかを第一に考えたんです」

 キリスト新聞は社会運動家の賀川豊彦(一八八八〜一九六〇年)らが、戦後すぐの四六年に創刊した。特定の教派・教団から独立した立場で、プロテスタントやカトリック、正教会の壁を越えたキリスト教全般の動きを報じてきた。松谷さんと社員、アルバイトの三人が紙面作りに携わる。

 刷新に合わせ、発行は月四回から三回に減らした。「代わりにじっくり読める記事に力を入れようと」。新連載の目玉が、題して「宗教リテラシー向上委員会」。浄土宗僧侶や日本人ムスリム、宗教学者らが執筆陣に名を連ねる。「宗教の知識は、世界情勢を読み解く上でますます必要になっている。信者でない方にも読んでもらいたいと思って始めた連載です」

 ほかにも牧師のリレーエッセー「伝道宣隊キョウカイジャー+α」、ほんわかした四コママンガで教派間の違いを伝える「ピューリたん」といった連載が目に入る。思い切った紙面だけに、読者からは賛否両論があるという。「マンガとかを載せると、ふざけているわけじゃ全くないんですけど、そう捉えられちゃう。どう理解してもらえるかが課題だと思います」

 松谷さんは福島県の厳格なクリスチャンの家庭で育った。「私自身、息苦しさを感じていたんです。でも今のアニメやマンガも聖書がよくモチーフになっていたりして、サブカルチャーと密接につながっている。昔の自分にそういうことを伝えてくれる人がいたら、もっと安心っていうか、教会が好きになれたんじゃないかなって思うんですよ」

 大学を卒業後、小学校教員などを経て二〇〇六年にキリスト新聞社に入社。若い世代がターゲットの季刊誌「ミニストリー」の編集長を〇九年の創刊当初から任され、サブカルチャーをキリスト教の取っ掛かりにできないかと考え始めた。

 まず手をつけたのが、聖書を題材にしたゲームをつくることだった。一〇年に製作した読者特典のカードゲームを皮切りに、これまで一般向けの卓上ゲーム六作、スマートフォン向けアプリゲーム二作をキリスト新聞社から発表した。

 一一年からは会社の事業とは別に、実行委員会代表の肩書でキリスト教にちなんだ同人誌などの即売会「いのり☆フェスティバル(愛称・いのフェス)」を毎年開いている。こちらは「いわばコミケ(コミックマーケット)の教会版です」と説明する。

 「いきなり聖書を読めって渡されても難しいし、教会に行くのもハードルが高い。でもゲームだったら興味が持てて、イベントだったら行けるかもしれない。やりたいことは新聞と一貫していて、教会の敷居を下げたり、間口を広げたりしたいと思っているんです」

 今年はちょうど宗教改革から五百年。この節目を意識しながら、松谷さんは挑戦を続ける。十月にはルターやカルヴァンといった宗教改革者の生涯を疑似体験できるボードゲームを発売予定。年内の公開を目指し、近くにある教会を端末の位置情報とリンクさせて探せるウェブサービス「JUN+REI」(仮称)を開発中だ。教会に初めて行きたいと思った人などに活用してもらいたいという。「やりたいことはまだ、いくらでもありますよ」とほほえんだ。 (小佐野慧太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報