東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 文化

ここから本文

【文化】

写真

 国内最大の食品公害といわれるカネミ油症事件で、最初の患者が確認されてから五十年。患者は今でもさまざまな症状に苦しみ、被害は次の世代にも及んでいる。油症事件はまだ終わっていない。 私は事件当時、生まれていません。それでも油症患者です。(10月20日 紙面から) [→記事全文へ]

 
写真

 「あの苦しみと同化したくても同化できないですもんね。広島におらんかったんじゃけん、裏切りもんの広島女よね、あたしは」 今月九日、演出家の村井志摩子さんが東京の自宅で亡くなった。八十九歳。(5月15日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

在りし日の村井志摩子さん=東京都千代田区で

 
写真

 鉄道トラベルミステリーの代名詞的存在である作家西村京太郎さん(88)は、著作が今年、六百作を超えた。累計発行部数は二億部を超え、目下の目標は、高さ六百三十四メートルの東京スカイツリーを超える六百三十五作。(10月20日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 八月八日に翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事が亡くなった。米軍普天間飛行場の辺野古移設問題で安倍政権と対峙(たいじ)する中での急逝だった。 そもそも翁長は沖縄自民党の重鎮だった。(9月27日 紙面から) [→記事全文へ]

 
写真

 「象牛」(『新潮』10月号)は、デビュー作『百年泥』でいきなり第百五十八回芥川賞を射止めた石井遊佳の受賞第一作である。 『百年泥』はインドのIT企業で日本語教師をしている日本人女性の生活をマジック・リアリズム仕立てで軽妙に描いた好作だった。「象牛」の舞台も…(9月26日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

石井遊佳さん

 

PR情報