東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 文化 > 新国立競技場問題 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【新国立競技場問題】

IOC見直し了承 森氏謝罪会長「進捗を注視」

 【クアラルンプール=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は二十九日、クアラルンプールで理事会最終日の審議を行い、二〇二〇年東京五輪大会組織委員会の森喜朗会長らが、メーンスタジアムとなる新国立競技場の計画が白紙撤回となったことを説明し、了承された。森会長は「率直におわび申し上げたい」と謝罪した。

 森会長によると、開催経費削減を柱とする改革を進めるIOCのバッハ会長は「おわびすることは全くない」と返答し、「変更は当然あるべきこと。いい方向にもっていってもらいたい。そのための協力はする」と答えたという。

 バッハ会長は理事会終了後に記者会見し、「IOCは招致段階と比較して劇的な変更を尊重する。建設費の高騰はさまざまな理由があり、政府や組織委員会でもコントロールできない」と理解を示した。その上でIOCは新国立競技場の新たな計画について「入札の段階から関わっていきたい」と述べた。IOC自体が設計や入札に直接関与はしないが、進捗(しんちょく)状況を注視するという。

 バッハ会長は五輪開催に求められる全ての要件が考慮されていることを確認したい意向で、「最初から関わることで、ほかのプロジェクトと同じように調整委員会で監督できる」と話した。

 これまで二十六競技が確定し、残り二競技となった会場計画見直しでは自転車の交渉が難航し、今回の承認は見送られた。

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by