東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 大図解 > 大図解シリーズ・バックナンバー > 2001年の記事一覧 > 記事

ここから本文

【大図解】

どうなる日本の雇用 (No.492)

写真

 小泉内閣が進める構造改革の柱の一つ、不良債権処理で、リストラや倒産により仕事を失う人が増えるとみられています。その数は政府試算で39万人から60万人、民間シンクタンクでは150万人を超すとの予測も出ています。政府は、早ければ秋の臨時国会で、失業者のセーフティネット(安全網)づくりを目指すとしていますが、構造改革の副作用を和らげることができるのでしょうか。日本が抱える雇用の問題点を図解します。

ご注文はこちらから
 

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報