東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 大図解 > 大図解シリーズ・バックナンバー > 2002年の記事一覧 > 記事

ここから本文

【大図解】

減少続く世界の森林 (No.555)

写真

 1990年からの10年間で日本の総面積の2.5倍もの森(約94万平方km)がこの地球から失われました。北半球の先進諸国では植林などで森林が少し増えましたが、南半球の熱帯林地帯では、燃料利用や農耕地への転換などで大規模な伐採が続いており、森林の「南北問題」はいまだ深刻です。歴史的に森林の焼失は文明の崩壊を招いてきました。世界の森林の90年代の変遷と現状を図解します。

ご注文はこちらから
 

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報