東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 経済Q&A > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済Q&A】

軽自動車税 4月から1.5倍 来月中「登録」なら対象外

写真

 新車の軽自動車を買った人に課される軽自動車税が4月から、現在(年7200円)の1.5倍の年1万800円に増税される。昨年4月の消費税増税を振り返ると、3月の増税前に慌てて買った商品が4月に値下がり、「駆け込み購入」の意味がなかった場合もあった。軽自動車の購入を検討する際に注意すべきことは。(神野光伸)

 Q 軽自動車にかかわる税のうち、四月から上がるのはどんな税なの。

 A 軽自動車を買った初年度は自動車取得税は納めねばならないが、軽自動車税は払わなくていい。増税の対象になるのは、四月以降に軽自動車の新車を買った人が翌年度から納める軽自動車税だ。四月に軽自動車を購入した場合、一六年度以降に払う軽自動車が増税になる。

 Q 増税を避けるためには三月までに軽自動車を買った方がよいの?

 A そういうことになる。注意したいのは増税の対象は新車購入の契約が成立した時点でなく、新車登録をしたときということ。契約を三月末にしても登録が四月にずれ込むと増税になるから注意したい。

 Q 中古車は?

 A 三月までに新車登録があった中古車なら増税の対象外だ。こうした車なら四月以降に買っても軽自動車税は七千二百円のままになる。ただ、四月以降に新車登録された軽自動車が、すぐに中古車市場に出てきてそれを買うと、税額は一万八百円になる。

 Q 昨年四月の消費税増税前には新車の駆け込み購入が殺到したけど、今回もそうなりそうなの。

 A 今のところ大きな動きはない。自動車メーカーは安くても数十万円の車両にかかる消費税の増税に比べれば、軽自動車税の増税の影響は軽微とみている。それに四月以降に新車登録された軽自動車には新たな燃費基準を満たすと軽自動車税が最大75%減税されるエコカー減税が適用される。ただ減税になるのは新車購入の翌年度だけだ。

 Q 結局、どうすればよいのか。難しいね。

 A 買いたい車種がはっきりしてるなら増税前の三月中に買うのもいい。増税の一方でエコカー減税も始まる。購入時には販売店で説明を聞くことが重要だ。

 

この記事を印刷する

PR情報