東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

厚生年金にパートも適用 新規加入が20万人に

 今年十月からパートなど非正規雇用の短時間労働者にも厚生年金が適用されるようになり、新たに加入した人が約二十万人に上ることが、日本年金機構の集計で分かった。厚生労働省は対象者を約二十五万人と見込んでおり、約八割が手続きを済ませたことになる。

 厚生年金に加入すると、労使が折半で保険料を負担する。費用を抑えたい企業や手取り収入の減少を避けたいパートらが、勤務時間を減らして対象から外れようとするのではないかと懸念されたが、実際の影響は限定的だったとみられる。

 年金機構によると、十一月十日までに全国二万五千七百六事業所の計二十万一千百三人が新たに加入。今月閉会した臨時国会では従業員五百人以下の中小企業でも、労使合意があれば同様の条件で適用対象を拡大する年金制度改革法が成立。来年四月に施行される。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by