東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

住宅ローン金利を大手2行引き上げ 来月、固定型10年

 三菱東京UFJ銀行と三井住友信託銀行は二十九日、住宅ローンの主力である固定型十年の最優遇金利を来年一月に引き上げると発表した。引き上げは今年九月以来四カ月ぶりとなる。長期金利が上昇しているのを踏まえて判断した。

 三菱UFJ銀は0・6%から0・65%に、三井住友信託銀は0・45%から0・5%にそれぞれ上げる。みずほ銀行は0・8%から0・85%と、二カ月連続の引き上げに踏み切る見通しだ。

 来年一月に米大統領に就任するトランプ氏が掲げる景気刺激策への期待感などから米国の金利が上昇。日本でも株価が上がって国債が売られやすくなり、長期金利が上昇傾向にある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by