東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

トランプ氏「8000人の雇用を創出」 ソフトB子会社など計画

 【ニューヨーク=東條仁史】トランプ次期米大統領は二十八日、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話大手、スプリントなどが米国で計八千人の雇用を計画していることを明らかにした。南部フロリダ州で報道陣に語った。トランプ氏は、ソフトバンクの孫正義社長を「マサ」とファーストネームで呼び「素晴らしい人物だ。感謝する」と持ち上げ、自らの実績をアピールした格好だ。

 トランプ氏によると、スプリント幹部が電話で、海外から五千人分の仕事を米国に戻す計画を伝えた。米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、顧客サービスや販売部門が雇用の中心になるという。

 さらに、米衛星通信ベンチャー「ワンウェブ」が三千人を新たに雇用する。ソフトバンクは今月、ワンウェブに十億ドル(約千百七十億円)を出資すると発表。ワンウェブはこれを人材獲得の原資に充てる。

 トランプ氏と孫氏は六日にニューヨークで会談。孫氏は、米国内で新興企業を対象に五百億ドルの投資をして五万人規模の雇用を創出すると約束した。トランプ氏は米国内で雇用を生み出すことを最重要政策の一つに掲げている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報