東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

トランプ氏、米通商代表部代表に対中強硬派を指名

写真

 【ワシントン=共同】トランプ次期米大統領は三日、米通商代表部(USTR)代表にレーガン政権でUSTR次席代表を務めたロバート・ライトハイザー氏(69)=写真、法律事務所のHPから(共同)=を起用すると発表した。トランプ氏が環太平洋連携協定(TPP)脱退の代替策として提唱する二国間協定や米国がカナダ、メキシコと結ぶ北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を担う。ロイター通信によると、ライトハイザー氏は対中国強硬派で、現在は弁護士。

 ライトハイザー氏の通商代表への起用で、次期政権の経済チームの主要メンバーが出そろった。次期政権は今後、大規模減税やインフラへの巨額投資など経済政策の具体化を急ぐとみられる。トランプ氏は「ライトハイザー氏は、米国から繁栄を奪う誤った貿易政策を転換させるために活躍するだろう」と強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報