東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

人工知能搭載で人の感情理解、会話する車 トヨタ、国内で実験へ

写真

 【ラスベガス(米ネバダ州)=岸本拓也】トヨタ自動車は4日、米ラスベガスで5日から開幕する世界最大の家電見本市「CES」で展示する人工知能(AI)を搭載したコンセプト車を発表した=写真、岸本拓也撮影。AIを通じて車が運転手の感情や行動を学び、自動運転技術と組み合わせて安全性を高める。数年内に日本国内の公道で、この技術を活用した試作車の実証実験を始める。

 「トヨタコンセプト−愛i(アイ)」と名付けられた車は、最新のAI技術を活用してカメラで認識した運転手の表情や動作、会話の内容から、人の感情や好みを理解する。

 それを基に、AIが運転手のストレス状態や疲労度などを把握し、車内の照明を点滅させて居眠り運転を防いだり、運転手の異常があった場合に自動運転に切り替わったりして、安全性を高める。

 運転手の会話や会員制交流サイト(SNS)での発信などから、AIが運転手の嗜好(しこう)も把握。好みの話題で会話することもでき、人と車がパートナーのような存在になることを目指す。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報