東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

トヨタ、対米投資1.1兆円 社長、5年分計画済み強調

写真

 【米デトロイト(ミシガン州)=岸本拓也】トヨタ自動車の豊田章男社長は九日、米デトロイトで開幕した北米国際自動車ショーで、今後五年間で米国に百億ドル(約一兆一千六百億円)を投資する計画を明らかにした。トランプ次期米大統領は、自動車メーカー各社に米国での投資や雇用を増やすよう迫っており、トヨタは米国での投資計画や雇用実績を示すことで、米国での貢献に理解を求めた。 

 豊田社長は、米国での主力セダン「カムリ」の新車発表会に登場し、過去六十年間で米国に約二百二十億ドル(約二兆五千五百億円)を投資した実績を強調。百億ドルを追加投資する方針に加え、米国でトヨタ車の開発や生産、販売に関わる人が全米で約十三万六千人に上ることを紹介し、雇用面の貢献度も説明した。

 その上で、「(カムリを製造する)ケンタッキー州の工場で働く七千七百人の従業員は、カムリが『最もアメリカンな車』と評価されていることに大変誇りを感じている。私もです」と述べ、米国の従業員との一体感もアピールした。

 トヨタは、百億ドルの投資について、計画済みの内容を積み上げた金額で「トランプ氏の批判を受けた対応ではない」と説明した。

 トランプ氏は、自動車メーカーがメキシコで車生産を進めたことが米国の雇用を奪っているとして、ツイッター上で各社を名指しで批判。トヨタがメキシコ中部のグアナフアト州で進めている新工場建設に関し、「とんでもない!」とやり玉に挙げていた。

 豊田社長は新工場については言及しなかったが、トヨタの米国子会社のボブ・カーター上級副社長は九日、「変更はない」と述べ、計画通り進める考えをあらためて示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報