東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

東京−大阪にも全席個室バス 片道大人2万円

両備HDと関東バスが東京−大阪間に導入する夜行高速バスの個室に区切られた座席=11日、東京都中野区で

写真

 両備ホールディングス(HD、岡山市)と関東バス(東京)は十一日、全席を個室にした豪華車両で、東京と大阪を結ぶ夜行高速バスを十八日から運行すると発表した。東京行き、大阪行きとも一日一便。移動中に快眠できる「走るホテル」と位置付け、出張や観光で利用する顧客の獲得を狙う。

 十一席ある客席は全て壁と扉で仕切ってある。座席はスイッチを操作するだけで体が浮遊しているように感じる角度に自動調整される。照明は好みの明るさに調節でき、ヘッドホンで快眠を促す音楽を聴いたり、Wi−Fi(ワイファイ)を利用したりできる。通常期の片道料金は大人二万円、子ども一万五千五百円。

 両備グループは、同じ座席を一部設けた高速夜行バスを横浜−広島間で既に走らせている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報