東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

米社、日本マクドナルド株売却へ 最大33%、入札に数社参加

 米マクドナルドが保有する日本マクドナルドホールディングス(HD)株式の一部を売却するため一次入札を既に実施し、投資ファンド数社が参加していたことが十二日、分かった。関係者が明らかにした。英投資ファンド「ペルミラ」や米ファンド「ベインキャピタル」などが参加したもようだ。

 米マクドナルドは日本マクドナルドHDの約50%の株式を保有している。このうち最大33%分を売却する方針だ。関係者によると、売却総額は一千数百億円規模になるとの見方も出ている。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)によると、米モルガン・スタンレーが幹事会社を務めている。

 米マクドナルドは九日、中国本土と香港の事業に関し、中国の国有複合企業と米国系投資ファンドに売却することで合意。日本での事業についても昨年、保有株式の一部を売却するため入札手続きに入ったが、不調に終わっていた。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報