東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

半導体分社化を東芝が本格検討

 東芝は十八日、半導体事業の主力製品「フラッシュメモリー」の分社化を検討していることを認めるコメントを発表した。米原発事業で多額の損失が出る見通しとなり、外部からの出資を受け入れ、財務を改善する狙いがある。

 分社化後も出資の過半を維持して子会社にする方向で調整を進めるが、東芝は「現時点で決定した事実はない」としている。フラッシュメモリーの事業の価値は二兆円規模との見方もあり、多額の資金を調達できる可能性がある。

 スマートフォンなどの記憶媒体として使われるフラッシュメモリーは、三重県の四日市工場で製造している。製造設備に共同で投資している米ハードディスク大手のウエスタン・デジタルに出資してもらう案も浮上しているが、独占禁止法の審査が必要になり、時間がかかる恐れがあるといった課題がある。このためファンドなど第三者からの出資も模索している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報