東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

シャープ復活へ「社長ファンド」 技術開発を支援

 シャープの戴正呉社長は二十三日、社員向けのメッセージで、重要な技術の開発や早期事業化を資金面で支援するため、新たに「社長ファンド」を社内に創設する意向を明らかにした。戴社長を中心にトップダウンで技術開発を強化する態勢を整え「技術のシャープ」復活を目指す。

 戴社長は「シャープの競争力の源泉は独自の技術力にある」と指摘。あらゆる機器がインターネットにつながる「モノのインターネット(IoT)」や、次世代パネル「有機EL」への投資を拡大する考えを示した。医療・健康事業の分社化なども重点項目に挙げた。

 二〇一七年の販売戦略に関しては「東南アジア諸国連合(ASEAN)や中近東での事業拡大が欠かせない」と指摘。特にASEAN各国への販売体制を再構築すると強調した。

 戴社長は社内の事業体制の見直しにも言及。分野ごとに二十の部隊に分かれている「ビジネスユニット」をさらに五十程度に細分化し、各事業の課題解決や意思決定の迅速化を目指す方針を示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by