東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

MRJ納入がまた2年延期 三菱重社長「開発前に勉強すべきだった」

MRJの事業展開について記者会見に臨む三菱重工の宮永俊一社長=23日午後、東京都港区で

写真

 三菱重工業は二十三日、子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)が開発している国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の初納入時期を二年延期して二〇二〇年半ばにすると正式発表した。現在三千億円規模と想定している開発費は、三〜四割に当たる約一千億円増加し、四千億〜五千億円程度になる見通しだ。

 安全性を高めるために機体の設計変更が必要と判断した。MRJの納入延期は五度目。今後の販売への影響は避けられず、同社の航空機事業は正念場を迎えた。

 三菱重工の宮永俊一社長は東京都内で記者会見し「長い事業展開のため、よりよい結果をもたらすだろうという判断のもとに(設計変更を)決断した」と説明した。装備品の配置や電気配線の設計を今後見直すという。

 度重なる納入延期については「開発前に難しさを勉強すべきだった。(巨額損失を出した)造船事業と同じで分析力が足りなかった」と述べた。三菱重工の経営への影響に関しては「(向こう二〜三年の業績について)単年度ベースでの損益への影響はほとんどない」と強調した。

 今後の対策として、安全性を証明する「型式証明」を取得した経験のある外国人技術者を増やすほか、世界で地域別の販売活動を強化する。

 開発過程の意思決定などは三菱重工が主導していくという。

 MRJの開発費は〇八年の事業開始時には千五百億円程度とされていたが、初納入が当初予定の一三年から大幅に遅れた結果、膨らんだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by