東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

16年の貿易収支、震災後初の黒字 対米4年連続トップ

写真

 財務省が二十五日発表した二〇一六年の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は四兆七百四十一億円の黒字だった。暦年ベースの黒字は一〇年以来六年ぶりで、一一年の東日本大震災以降は初めて。原油価格が安く推移したことなどで輸入額が抑えられ、二兆七千九百十六億円の赤字だった一五年から収支が改善した。

 国・地域別の輸出額は米国向けが十四兆一千四百三十一億円と、対中国(香港を除く)を上回って四年連続のトップ。対米貿易黒字は前年比で4・6%減ったものの、国別で最大の六兆八千三百四十七億円を占めた。日本の輸出や対日貿易赤字を問題視するトランプ米政権発足の影響について、財務省は「世界全体の経済停滞につながるかどうかきちんと見ていく必要がある」と強調した。

 輸出総額は韓国向けの鉄鋼などが振るわず、7・4%減の七十兆三百九十二億円で四年ぶりの前年割れ。輸入総額は火力発電に使われる原油や液化天然ガス(LNG)の価格下落の影響で、15・9%減の六十五兆九千六百五十一億円となり二年連続で縮小した。

 地域別では、米国向けの輸出額が円高の影響で7・1%減と五年ぶりに減少。ただ、原油安を追い風に米国の自動車販売が好調だったため、自動車の輸出数量は7・7%増えた。

<貿易統計> 製品や原材料の輸出入の状況を示す統計。輸出額が輸入額を上回ると貿易収支は黒字、下回れば赤字となる。貨物が税関を通過する際の申告に基づき、財務省が品目や国・地域別に集計し、毎月発表している。東日本大震災以降は、原発停止で火力発電用の原油などの輸入が増え、貿易収支は赤字基調となったが、最近は原油安で収支が改善していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報