東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

春節、中国人の旅行先 日本は人気2位

 【北京=共同】中国のオンライン旅行大手、携程旅行網(シートリップ)はこのほど、二十七日から始まる春節(旧正月)の大型連休の前後に海外を訪れる中国人旅行客が六百万人に上るとの推計を発表した。推計通りなら過去最高になるとしている。消費額は一千億元(約一兆六千五百億円)と予想。日本は渡航先ランキングで二位につけた。

 中国では伝統的に、春節は実家で家族と過ごすのが一般的だが、シートリップは「旅行先で過ごすニーズが高まってきている」と分析している。

 渡航先ランキングは一位がタイ。日本に次ぐ三位は米国で、シンガポール、オーストラリアが続いた。

 シートリップは、旅行客一人当たりの予算は一万五千元を超えると推計。消費意欲の旺盛な中国人旅行客を引き寄せようと、日本を含めて各国が、中国人に対する査証(ビザ)発給要件の緩和などを打ち出している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報