東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

NY株、終値も2万ドル超 トランプ氏「素晴らしい」

 【ニューヨーク=東條仁史】二十五日のニューヨーク株式市場は、トランプ米大統領が打ち出す経済政策への期待からダウ工業株三十種平均は大幅に続伸し、前日終値比一五五・八〇ドル高の二万〇〇六八・五一ドルで取引を終え、初めて二万ドルを突破した。巨額のインフラ投資や規制緩和など自らが唱えた景気刺激策を受けた大台超えに、トランプ氏は「素晴らしい」とツイッターに投稿した。

 ダウは取引開始直後に二万ドルを超えた。トランプ氏の看板政策の恩恵を受けると期待される建設機械大手キャタピラーや、金融株など「トランプ銘柄」が相場をけん引した。トランプ氏が二十五日、メキシコ国境への壁建設に関連した大統領令に署名したことにも反応し、セメントや建材株にも買いが入った。

 ニューヨーク株式市場は大統領選後、トランプ氏の景気刺激策への期待から大幅に上昇してきたが、過熱感に対する警戒も強い。米国内の雇用を確保するため、保護主義的な貿易政策を打ち出していることへの懸念もあり、今後はこの勢いの持続性に焦点が移る。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by