東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

米政府、TPP離脱を正式通知

 【ワシントン=石川智規】米通商代表部(USTR)は三十日、環太平洋連携協定(TPP)の事務局を務めるニュージーランドに対し、TPP離脱を正式に通知した。トランプ米大統領が「永久に離脱する」と二十三日に署名した大統領令に基づく措置。トランプ氏は今後、日本など参加国に対し、二国間による通商交渉を求める。

 ニュージーランドへ送った書簡では、「米国はTPP協定に参加する意向はない」と明記し、「二〇一六年二月に署名した協定に対し、もはや法的な義務を負わない」と強調した。

 その上で、「米国はより効率的な市場と高いレベルの経済成長を目指し、各国と協議を続けていく」と加えた。

 スパイサー大統領報道官はこの日の記者会見で、TPP離脱の正式通知について「大統領は米国の雇用を最重視している。二国間の交渉を通じ、新たな貿易関係を目指す」と説明した。

 菅義偉(すがよしひで)官房長官は三十一日の記者会見で、米通商代表部からTPP離脱が通知されたと明らかにした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by