東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

あなたのお年玉 いくら? 小学生平均2万2000円

 あなたのお年玉はいくらだった? 玩具メーカー大手のバンダイ(東京)が、今年の正月に子どもがもらったお年玉の金額を調べたところ、小学生は平均二万二千五百二円、中学生では同三万二千百三十円だったことが分かった。もらった相手は平均五人だった。

 調査はインターネットで一月六〜九日に実施。小一〜中三の子どもを持つ保護者九百人(各学年百人)が、子どもと一緒に回答した。

 結果によると、小学生のお年玉は一〜二年が平均一万九千四百七十三円で、三〜四年が同二万二千八百十円、五〜六年が同二万五千二百二十三円と徐々に増加。中学生になると大幅に増えるとみられる。

 もらった相手は、93・4%の子どもが祖父母と回答。おじやおばも74・3%だった一方、父母は65・6%で、三人に一人の子どもは親からお年玉をもらっていないことも明らかになった。

 複数回答で質問した使い道は、小学生の37・5%、中学生の42・5%が一部または全部を貯金したといい、ともにトップ。自由に使える金額の平均は小学生で総額の35・1%となる約七千九百円、中学生で55・9%の約一万八千円だった。

 子どものお年玉を預かっている保護者は66・2%に上り、その大半が貯金しているとしており、親子そろって堅実な姿も浮かんだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報