東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

たばこ販売1000億本割れ 17年見通し、民営化初

 日本たばこ産業(JT)は六日、二〇一七年の国内たばこ販売が前年比9・6%減の九百六十億本となり、一九八五年の民営化以来、初めて一千億本の大台を割り込む見通しだと発表した。健康志向によるたばこ離れに加え、火を使わない加熱式の新型たばこに顧客を奪われているため。

 国内のたばこ販売は八五年には三千億本を超えていた。その後、増税に伴う値上げなどが響いて減少傾向が続いている。

 新型たばこを巡っては、米フィリップモリスの「アイコス」が先行しており、JTは「プルーム・テック」の販売に力を入れて巻き返しを図る。六月から東京での販売を開始、年内に都内全域に広げるほか、来年の上半期には全国で販売する計画。昨年三月にインターネットと福岡市内限定で発売し、品薄状態が続いていた。記者会見したJTの小泉光臣社長は「プルーム・テックの伸びには手応えを感じており、多くの支持を得られると思っている」と話した。

 JTが六日発表した一六年十二月期連結決算は、売上高に当たる売上収益が前期比4・9%減の二兆一千四百三十二億円、純利益は13・2%減の四千二百十六億円だった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by