東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

経常黒字9年ぶり高水準 昨年25%増、20兆円超す

写真

 財務省が八日発表した二〇一六年の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は前年比25・8%増の二十兆六千四百九十六億円だった。暦年の黒字額としては、比較可能な一九八五年以降で、〇七年に次ぎ二番目の高水準。〇八年のリーマン・ショック以降では最大。原油安による輸入額の減少で貿易収支が大きく改善したのが主要因で、十日の日米首脳会談を前に日本の経常黒字が拡大していることが鮮明になった。

 一六年の地域別の収支はまだまとまっていないが、八日発表の一六年七〜九月期の実績は対米黒字が三兆三百十五億円に上り、国別で首位。その多くは貿易で稼いでおり、対日貿易赤字を問題視するトランプ米大統領が首脳会談で、通商問題を主要な論点として圧力をかけるのは必至だ。

 米商務省も米国時間七日、一六年の貿易赤字に占める国別の割合で日本が中国に次ぐ二位に浮上したと発表したばかり。菅義偉官房長官は八日の記者会見で「日本は米国に投資する外国企業では最も多い雇用を生み出している」として、米国への貢献を強調した。

 一六年の経常収支のうち、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は五兆五千七百九十三億円の黒字で、六年ぶりに黒字転換した。輸出は8・5%減の六十八兆八千八百五十三億円だったが、輸入は16・6%減の六十三兆三千六十億円と縮小幅が大きく、収支が改善した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報