東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

貿易赤字是正すると……? 高関税なら消費者に負担

写真

 トランプ米大統領は対日貿易赤字を問題視し、特に不均衡の目立つ自動車貿易で赤字の是正を要求しています。貿易赤字とは、米国経済にとって悪いものなのでしょうか。 (矢野修平)

 Q 貿易赤字は良くないものですか。

 A 貿易収支の赤字は、輸入額が輸出額を上回っていることを示す一つの指標で、必ずしも経済全体にマイナスとは言えません。実際に米国は人口が増えて経済成長が続いています。消費が旺盛なため、自国内の供給で需要をまかなえず、海外からの輸入が多いことも赤字の一因です。

 Q なぜトランプ氏は赤字の是正を求めているのですか。

 A トランプ氏は、日本からの輸入増で米国の製造業が打撃を受け、雇用を奪われたとみているようです。ただ、米国の消費者は、価格や品質などに満足して日本車を購入しています。もし高い関税をかけたら、米国の消費者の負担になります。また、日本が貿易黒字で生んだ資金の一部は、工場建設などの直接投資として米国内に戻され、雇用も生んでいます。この流れが滞れば米国経済にも悪影響となります。

 Q トランプ氏の考えは間違っているのですか。

 A 経済学の専門家の間では、貿易による物やお金の行き来が盛んなほど、各国の経済成長につながるという考えが一般的で、トランプ氏や新政権ブレーンの「自国産業を保護」という貿易観には否定的な意見が多いです。日本は米国での雇用創出などの貢献を粘り強く説明し、納得してもらう必要がありそうです。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報