東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

プレミアムフライデー商品 旅行などお得プラン続々

写真

 24日に始まるプレミアムフライデーに向け、旅行やホテル、鉄道などの各社が次々に商品を打ち出している。金曜日の仕事を早く終えるのに合わせ、夜遅くにチェックインできたり、観光などの特典が付いたりしたプランを提案。価格を抑えてお得感を演出し、消費を盛り上げたい考えだ。

 JTBは、一泊二日と二泊三日の金曜日からの専用旅行プランをインターネットで販売している。金曜日遅めの夜でもチェックインや食事ができる温泉宿や、普段の週末では行きにくかった遠方の行楽地を提案する。

 テーマパークの入場券など特典も付く。専用プランに合わせ三千〜二万円の割引クーポンを用意したが多くは定員に達しており、広報担当者は「反応は上々だ」と話す。

 西武ホールディングスは傘下のホテル「ザ・プリンス パークタワー東京」(東京都港区)で木曜日と金曜日に連泊できるプランを通常より安く提供。金曜日はホテルから出勤し、退社後はネイルケアや六本木でジャズなども楽しめる。「金曜日に休暇を取り、ゆっくりとくつろいでもらうこともお勧め」(広報)という。

 JR東日本は新幹線のファーストクラス「グランクラス」を使った東北などへの旅行プランや、都心近郊でお座敷列車に乗りながらビールや特製弁当を堪能できる二十四日限定の商品を発売した。冨田哲郎社長は「旅行に出かけてみようというきっかけを提案していきたい」と話す。

 日本航空は二十代のマイレージ会員が高級リゾートホテル「星野リゾート リゾナーレトマム」(北海道占冠村)を安く利用できるようにした。スキー場の一日リフト券などが付く。羽田−札幌、旭川、帯広の三路線のいずれかを往復利用するのが条件になる。

<プレミアムフライデー> 月末の金曜日の仕事を早く終え、消費を喚起するイベント。2月24日から始まり毎月実施。米国の年末商戦「ブラックフライデー(黒字の金曜日)」を参考に政府と経済界が考えた。経団連や日本商工会議所が促し、終業時刻を繰り上げる企業が増えている。旅行で地方へ経済効果を及ぼしたり働き方改革につなげたりする狙いもある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報