東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

「落ちたのは女子力、体力、保育園」 サラリーマン川柳入選100句

第一生命保険本社に展示された「サラリーマン川柳」の入選作=13日、東京都千代田区で

写真

 「落ちたのは 女子力、体力、 保育園」−。第一生命保険は十三日、「第三十回サラリーマン川柳コンクール」の入選作百句を発表した。匿名ブログで話題を呼んだ「保育園落ちた」を取り入れるなど、働く母親の嘆きや職場環境の悲哀がにじんだ句が出そろった。

 電通新入社員の過労自殺を契機とした長時間労働是正に関する題材では「効率化 提案するため 日々残業」「丸投げと バトン渡しは 五輪級」などと、働き方改革が叫ばれる中、仕事が減らない窮状を訴える句が目立った。

 上司が「新人は ペンを取らずに 写メを撮る」と若手の行動を皮肉る一方、若手は「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?」と反撃するなど、世代間のギャップも鮮明に。

 「こづかいも マイナス金利と 妻が言う」「職場でも 家でもおれは ペコ太郎」などと、家庭内で苦悩する男性の姿を詠んだ作品も多かった。

 応募作品は五万五千六十七句だった。第一生命はインターネットなどで三月十七日まで人気投票を実施し、五月下旬にベスト10を発表する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by