東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

燃油サーチャージ値上げ ANA、日航4月発券分から

 ANAグループの全日本空輸とエアージャパンは十七日、国際線の利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を四月発券分から値上げすると発表した。原油価格の上昇や円安で航空機の燃料市況が上がったため。日本航空も十六日に同様の値上げを発表した。

 ANAグループと日本航空は、北米、欧州路線については片道当たり三千五百円上げて七千円とする。ハワイやインドは二千円高い四千円に、タイやマレーシアは千五百円高い三千円に、フィリピンやグアムは千円高い二千円に、中国、台湾は千円高い千五百円に、韓国は百円高い三百円にそれぞれする。

 このほか日本航空はスリランカを二千円高い四千円に、パラオを千円高い二千円に、極東ロシアを百円高い三百円とする。

 燃油サーチャージは燃料の高騰分の負担を国際線に限り旅客に転嫁する制度。一月の発券分までゼロだったが、燃料価格の上昇を踏まえて二月分から十カ月ぶりに復活していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by