東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

健康志向「デカフェ」人気 メーカーなど開発本腰

スターバックスコーヒージャパンが発売したデカフェのコーヒー

写真

 飲食店やメーカーなどがカフェインを取り除いた飲料「デカフェ」の開発に本腰を入れている。健康志向の高まりやニーズの多様化を受けて欧米では大きな市場となっており、各社は日本での普及拡大を狙う。

 日本で「カフェインレス」や「カフェインフリー」と呼ばれるデカフェは、スペインや米国ではコーヒー消費量の一割以上を占めている。日本では1%程度だという。

 カフェチェーンの進出やコンビニでの販売で、日本でもコーヒーの消費量が年々増加。最近では夕方以降にカフェインを取りたくないという人や妊婦からデカフェを求める声が高まっている。

 米系コーヒーチェーン「スターバックス」は一月にエスプレッソコーヒーでもデカフェを導入。ラテやカプチーノ、モカなどがカフェインなしで飲めるようになった。二酸化炭素(CO2)も使う除去方法を開発し、通常のコーヒーと変わらない味が出せるようになったという。スターバックスコーヒージャパンの担当者は「デカフェをコーヒーの新しい選択肢にしてほしい」と話している。

 飲料メーカーの「キリンビバレッジ」は緑茶飲料「生茶」のデカフェを五月に発売する。ブレンド茶では既にカフェインレスをうたう商品は多いが、緑茶では初めてだという。抽出した緑茶からカフェインだけを取り出す製法を開発した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報