東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

「第四新卒」求ム40・50代 森下仁丹が「即戦力」幹部候補を公募

 森下仁丹は別の会社などで経験を積んだ四十代や五十代の人材を「第四新卒」として採用することを決めた。経営幹部になれる即戦力の確保が狙いで、二〇一七年度中の採用を目指し、三月からエントリーを受け付ける。採用人数は未定。幹部候補は人材会社などを通じて採用するのが一般的で、公募は珍しいという。

 駒村純一社長(66)自身が五十二歳で総合商社を辞め森下仁丹に入社した経緯があり、会社を三年程度で辞めて転職する「第二新卒」、大学院の博士課程修了の「第三新卒」に倣って「第四新卒」と名付けた。

 新卒採用と同じように、エントリーや会社説明会、面接を経て採用。学歴や年齢は不問で「会社を変革させる情熱、経験、能力のある人」を求める。採用後は幹部候補として営業や開発、製造、新規事業の分野で管理職として働いてもらう。

 森下仁丹は一九〇五年に発売した銀色の粒の清涼剤「仁丹」で知られるが、売り上げは八〇年代初めをピークに低迷し、経営難に陥った。会社を辞める人が多かったため、四十代や五十代の幹部候補が不足しているという。

 これまでコンサルタント会社や人材会社に紹介を頼んだが、求めているような人材が見つからず、広く募集することを決めた。

 森下仁丹の担当者は「『自分が社長になってやる』というような気持ちのある野武士のような人に来てほしい」と話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報