東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

訪日宿泊、初の7000万人 16年 客足全国へ地方で高い伸び率

写真

 観光庁は三日、二〇一六年に国内のホテルや旅館に泊まった外国人の延べ人数が前年比8%増の推計七千八十八万人(速報値)となり、過去最高を更新したと発表した。七千万人を超えたのは初めて。三大都市圏に比べて地方の伸び率が高く、宿泊先が全国各地に広がり始めた。

 伸び率は、三大都市圏の4・8%に対し、三大都市圏を除く地方は13・2%だった。一五年は全都道府県が前年比プラスだったが、一六年は地震の影響を受けた熊本が28・0%減となるなど十二県が前年を下回り、明暗が分かれた。

 一六年の年間訪日客は二千四百四万人で21・8%増だったが、延べ宿泊者数の伸び率は訪日客数より小幅となった。施設に宿泊しないクルーズ船での訪日や、住宅を宿泊施設として活用する「民泊」の利用が都市部を中心に増えていることも要因とみられる。

写真

 都道府県別の宿泊者数は、千八百六万人の東京がトップで、大阪千二十六万人、北海道六百九十二万人の順。十位までは前年と同じだった。国・地域別では、中国が千六百八十三万人、台湾千六十二万人、韓国七百八十万人。

 日本人客も含めた客室稼働率は全国平均60・0%で、一五年と同水準。大阪の84・1%が最も高く、東京、京都と福岡、愛知が続いた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by