東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

今夏お台場にガンプラ専門店 立像撤去、秋には「ユニコーン」

「等身大」ガンダム像は撤去され、秋には「ユニコーンガンダム」像が展示される=2012年、東京都江東区で

写真

 バンダイは6日、人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズのプラモデル「ガンプラ」専門店を今夏、東京・お台場に開設すると発表した。品ぞろえは約2000種類と、ガンプラ販売店としては世界最多となる。

 バンダイのガンプラ直営店は、日本では初めて。お台場にオープンするのは「ガンダムベース東京」で、広さは約2000平方メートル。東京五輪・パラリンピック開催、ガンプラ発売40周年に当たる2020年に向け、訪日観光客を含むガンダムファンの来店を見込む。

 ガンプラは1980年の発売以来累計4億5900万個以上が売れ、プラモデルとしては最大のヒット商品。専門店に隣接する実物大のガンダム像は6日から撤去し、秋には10年に映像化された「ユニコーンガンダム」像を展示する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報