東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ヤマト・佐川・郵便 宅配の一括 配送を強化

 宅配便最大手のヤマト運輸は十三日、二位の佐川急便、三位の日本郵便と、首都圏の高層ビルなどで荷物を一社に集約して配る連携策を強化する方針を明らかにした。一社が他社の荷物を預かり一括して届けることで効率化が期待でき、人手不足問題の緩和にもつながる。高層マンションや一戸建て住宅などにも広げる方向だ。

 高層ビルでは宅配業者が荷降ろし場に車を止め、台車で入居者に荷物を運んでいる。荷降ろし場の混雑や、各社の運転手が配達のたびにビル内に入る煩雑さがあり「管理会社から集約を求められることが多い」(宅配大手)という。

 ヤマトは二〇一四年六月に高層ビル「虎ノ門ヒルズ」(東京都港区)で佐川、日本郵便などと一括配送を開始。各社の荷物をヤマトが代表してビル内に配っている。

 ヤマトは物流拠点に佐川、日本郵便の荷物を集約して多摩市の団地の各戸に届ける一括配送も始めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報