東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

東芝、決算再延期へ WH問題で確定できず

 経営再建中の東芝が、二〇一六年四〜十二月期連結決算を含む「四半期報告書」について、関東財務局に再延期を申請する方針を固めたことが十三日分かった。破綻処理の検討に入っている米原発子会社の問題で、十四日の提出期限までに決算を確定できないことが確実となったため。主力取引銀行に方針を伝えた。

 東芝が米原発問題で決算報告を延期するのは二回目で、極めて異例。関東財務局は申請を認めるとみられるが再延期した期限に間に合わなければ、東芝株は上場廃止になる可能性がある。

 東芝は、再延期の原因となった米子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)に米連邦破産法第一一条(日本の民事再生法に相当)の適用を早期に申請させ、全体の損失額の確定を急ぐとみられる。東芝は十四日午後に記者会見を開き、事情を説明する方向だ。

 東芝は二月十四日に決算発表し、四半期報告書を提出する予定だった。しかし、WHの巨額損失を巡って米国の監査法人との調整がつかなかったため提出を見送り、東芝独自の試算として七千百二十五億円の損失が出るとの決算見通しを公表した。その後も監査法人を説得できなかったとみられる。

 東芝が再延期した期限にも報告書を提出できず、さらなる延期が認められない場合、東京証券取引所は東芝株を上場廃止の恐れがある「監理銘柄」に指定。八営業日後までに報告書を提出できなければ東芝株は「整理銘柄」に移り、約一カ月後に上場廃止となる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by