東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

失業率22年ぶりの2%台 2月2.8%に

写真

 総務省が三十一日発表した二月の完全失業率(季節調整値)は、前月比0・2ポイント低下の2・8%で、二カ月連続で改善した。2%台となったのは一九九四年十二月以来二十二年二カ月ぶり。景気の緩やかな回復や労働力人口の減少を背景に企業の人手不足感が強まり、新たに就業する人が増えて改善につながった。

 厚生労働省が同日発表した二月の有効求人倍率(季節調整値)は前月と同じ一・四三倍だった。

 総務省によると、完全失業率が2・8%になったのは九四年六月以来。完全失業者数は二十二年二カ月ぶりの水準となる百八十八万人に減少。求職者一人当たりの求人数を示す有効求人倍率も九一年七月以来の高い水準が続き、二月の新規求人も前年同月比で4・9%増えた。

 二月の非正規労働者の数は、前年同月比十万人減の二千五万人で一年三カ月ぶりに減少に転じた。正社員は五十一万人増の三千三百九十七万人で、正社員への転換が進んでいるとみられるが、約四割を非正規が占めている。

 完全失業率は戦後、バブル期まではほぼ1〜2%台で推移したが、バブル崩壊や山一証券の破綻などを経て二〇〇一年六月に初めて5%を記録し、その後5・5%まで悪化。一時は3%台に回復したが、リーマン・ショックで再び悪化し、〇九年七月に5・5%に達していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by