東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

TDRとUSJ 集客の明暗くっきり

 東西を代表する二大テーマパーク、東京ディズニーランド・ディズニーシー(千葉県浦安市)とユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)について、それぞれの運営会社が3日、2016年度の入場者数を発表した。USJは3年連続で過去最高となる一方、ディズニーは前年度比で微減となり、明暗が分かれる形となった。

 ディズニーを運営するオリエンタルランドによると、16年度の2施設の入場者数(速報値)は計3000万人と15年度実績(3019万人)から0.6%減少した。減少は2年連続。夏場の荒天の影響を受けたという。

 USJの16年度は1460万人となり15年度実績(1390万人)から5.0%増加。入場者数が3年連続で過去最高を更新した。

 開業15周年のイベントが好評だったほか、「男性にもアピールできるアトラクション」(USJ運営会社)も集客に寄与した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by