東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

甲子園に日本酒サーバー 灘の酒造会社が7日から

日本盛が甲子園球場で生原酒販売に使う日本酒サーバー

写真

 生ビールならぬ「生酒」を片手に野球観戦はいかが−。プロ野球阪神タイガースの本拠地、甲子園球場(兵庫県西宮市)で「日本酒サーバー」を背負った売り子が7日の対巨人戦から登場し、球場の全エリアの観客席でお酒の販売を始める。

 酒どころとして知られる「灘五郷」の酒造会社、日本盛(同市)が、日本酒専用の5リットル入りサーバーを開発。日本酒本来の味が楽しめるという生原酒を提供する。

 日本酒サーバーを使った球場内での販売は初めてといい、地元の2大ブランドの甲子園と灘の酒蔵がタッグを組んでビールサーバーに続くヒットを狙う。

 1杯約180ミリリットル入りで価格は550円。タイガースのホーム戦や夏の全国高校野球選手権大会など、シーズンを通じて計5000リットルの販売を目指す。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報