東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

デニーズ、フル接客を見直しへ 開店以来の「売り」

 ファミリーレストラン大手のデニーズが、一九七四年に一号店をオープンした当時からの接客手法を見直すことが五日、分かった。客席を回ってコーヒーをつぐなどの「フルサービス」が競合他社との大きな違いだったが、今後一年程度かけて基本的に全店舗にセルフ式のドリンクバーを導入する。構造改革の一環で、人手不足に対応する狙いもある。

 運営会社セブン&アイ・フードシステムズの小松雅美社長は五日、共同通信のインタビューに対し「自分たちの考え方に固執し、顧客のニーズの変化に対応できていなかった」と理由を説明した。前年割れが続く既存店の売上高や客数の改善にもつなげたい考えだ。

 ドリンクバーは最新型装置を導入し、約五十種類のメニューに対応する。コーヒーは同じグループのコンビニで定評のある「セブンカフェ」を採用した。後発のハンディをはね返すため、レモン味のコーラといった独自性のある商品も提供する。

 フルサービスはレストランらしさを重視したものだった。ドリンクバーは試験導入も含め現在約五十店舗にあるが、三十〜四十代の集客効果を確認でき、客数が二桁増になった店もあった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by